エグチフーフBLOG

日記です。時々日記以外。 まとめて書くこと多いです。 神頼みレコードでBa.担当。 TOUGH&GUY RECORDS所属。 elevatormusicというレーベル主宰(所属/加速するラブズ、Bacon)。 神頼みフェスってサーキットやったり。 以上のプロフィール念頭でブログを読むと内容が少しわかりやすくなると思います。

8月20日〜8月30日

・8月20日
久しぶりにライブハウス地下一階に行った。
ギャーギャーズのライブ。
ステージ横で見てたけどこの人ら本当に傍若無人というかスパークしてる。
かっこいいバンドやなぁ。
actwiseの吉田さんに挨拶した。
BAD RELIGIONのシャツ着てたので最初からこの人はいい人だと思った。

・8月21日
しょんべんフェスミーティング。
開催が近づいてきてだいぶ詰めた感じになってきた。


・8月22日
夜から夜行バス。
この時期にしては安いの取れたなと思ったけど客の質が悪い。
しゃないな。同じ考えの人ばっかやもんな。

・8月23日
東京にてギャーギャーズのリリース挨拶周り。
ライブハウスにも挨拶行こうと寄ったりしてたら色々知り合いに会えた。
ラブ人間金田さんも久しぶりで嬉しかった。
そのあと打ち合わせ1件。
そのあとレッドクロスに新生抱きしめるズを観に行く。ボーカルとドラムが辞めて声が変わるとほぼ新バンドだった。
でもやっぱ友達。好きやなぁ。
辞めたドラムの太陽とも会えた。
そのあと池袋アダムに行ってイヌガヨ観ました。
そして帰りの夜行バスへ。
空調がマジで効きすぎてて寒かった。
暑がりの僕があんだけ寒がったのだから相当や。でも安いの取ったししゃあない。


・8月24日
帰りの夜行バスのせいで風邪ひいた。最悪。


・8月25日
神頼みレコードのライブでサムライロックフェス。
古墳シスターズホンマに良いわぁ。


・8月26日
ライブハウスでお手伝いアルバイト。
ベランダがめちゃくちゃ良かった。


・8月27日
なんかバタバタした1日。
しょんべんフェスゆーすけから、「Bacon出演出来るの?」って電話きて、なんのこと?って聞いたらBaconの唯さんが緊急入院でライブ出れなくなってその日東京のBaconがツーピースでやるって電話で聞いた。Twitterで見たらしい。早速こうどさんに電話したら「いやぁ大変や〜、でも今後もライブは全部出るで!」ってなんとも頼りになる一言で電話の後半は来月のギャンパレの東京ツアーファイナルの夜行バスどれにしようか話してた。

夜、落ち着いて唯さんに電話したら大事やったけど大丈夫らしく安心した。
Baconのポテンシャルに安心した日でした。
他も色々あってわーわーしたけど、
夜はギャーギャーズ蛭田さんの家で会議し
銭湯行ってバタバタした1日を終わらせました。


・8月28日
夜まで働いてそのあとはポンコツに動けなかった。
フックアップレコーズ吉見さんに音源のデータ不備なかったか確認する電話したぐらいやった。


・8月29日
バイト終わってフックアップレコーズに蛭田さんと行って入稿準備を終わらす。
そのあとは蛭田さんとビジネスな話をして、(レーベルのじゃなくて蛭田さんのお仕事の話)またゆうじくん誘って銭湯に。
ホンマにサウナ好きやわ。


・8月30日
ギャーギャーズメンバーが挨拶行くお店にアポ取り電話。メンバーの行動力が凄い。
ライブハウスのアルバイト。
フレイクのダワさんによく会う。今日もDJしてはった。

8月2日〜8月8日

■8月2日
山省企画@ Pangea
僕も見慣れた顔ぶれと山省さんが深く仲良いバンドが出たり。
ずっとライブ見続けてるULTRA CUBとひなたになったが日に日に良くなってて良い刺激。
ライブは楽しく出来ました。
この日の山省は主役やからいつもより特別良かった。とかは特に感じなかったな。
それでいいとも思った。
とりあえず僕は珍しくイベントですることも無くてずっと頭から楽しく遊ばせてもらった。山省さんお疲れ楽しかったよ。


■8月3日
作業はなんかしてた。


■8月4日
summerズボップくんFINALに出演。
このイベントが名村にきて一発目から皆勤で出てる。多分神頼みとDENIMSだけかな?
実は所属するTOUGH&GUY RECORDSの社長が1年目のズボップくんで神頼みのライブを観て興味を持ったっていうきっかけをくれたイベントでもある。

この日はガムテープのパンツでライブした。ガムテープがたくさんあってただの急に思いついた気分で。この日だけの特別なライブとかそういうのはあまりしない。予定調和って意味じゃなくその日のイベントと、その空気とタイミング、トラブルがあったりならそれを全力で楽しむのがコンセプトで最近はやってる。
だから普段のライブも見逃さんといてねぇって気持ちです。
前より振り切れるようになれたし、前より良いライブ出来るようになったと思ってる。
あとガムテープパンツはトイレに行けなくなるので本番直前にやらんといけない。

イベントはプププランドがラスト対バンでライブを袖から全部観たけど、辞めるあっくんだけじゃなく4人のパワー、何よりヴォーカルたつやくんのエネルギーには感動した。
彼のあんな感情剥き出しとあの血走った目は今でも脳裏に焼き付いてる。
こういうライブであんま感動しないしちょっとしたくないって気持ちもあるけどこの日のプププランドは悔しいけど最高やった。

打ち上げでたつやくんの横やって泣いてたねって言ったら「はい。泣いちゃいました。」って返ってきた。それも凄く良かった。
あっくんとはライブ終わったあとに結構話が出来た。まぁお互いがんばろうなやつ。

このイベントたくさんドラマを見せてもらった。
ホンマ愛はズボーン、プププランド、THE BOSSSの3組お疲れ様でした。


■8月5日
打ち上げから朝帰りで帰宅。
ガキの使いのロッシーでめちゃくちゃ笑った。


■8月6日
三国ヶ丘FUZZに向けたスタジオ。
新しいサポートギターナオキくんのギターの音を作るのに時間をたくさん割いた。
意味合いでは新しいバンドなんでそこからの作業。

その後ギャーギャーズ蛭田さんと銭湯に行った。
あーだこーだ喋った。
エレカシのあれがかっこいいとか話してて、こういう純粋に音楽好きで、好きなアーティストの新譜が出たらその感想言い合ってって言うのは学生時代から続いてる一生楽しいトークテーマやなと思った。


■8月7日
Baconこうどさんと日本橋のドトールでミーティングというか会合。
相変わらずのギャンパレの話もたくさんして。
こういう作品作りたい的な話、帰りにサラっと新曲あるねんで聴かせてもらったやつが最高過ぎてまた楽しみ増えて。
こうどさんはまだまだまだまだ名曲を作るなぁ。
でも理由は明確、あの人はインプットが今でもしっかり、しかも偏見が本当に無くて良いものは良い、例えば若いバンドとかからも影響を受ける。

ベテランは若いアーティストの音楽をちょっと斜に構えるクセがあるように感じるけど、この人は本当に純粋で良いものは良いと答えるし、影響受けたと胸を張って言えるとこも素晴らしいなと思う。ちゃんと後輩からも学ぼうとする姿勢はすごいなぁと常々思う。
そいや去年もCHAIの物販でCD買って特典のポスター持ちながらライブ観てたのは可愛かった。

真っ直ぐ帰ってきて作業再開と睡眠。
あとアマゾンオリジナルの有吉の番組始まったの見だした。


■8月8日
パソコン作業が小さいパソコンの画面で長時間疲れる。ディスプレイが必要なのかも。
そんなツイートをしたらギャーギャーズのピッさんが使ってないディスプレイあげるよって連絡くれたので近所をいいことにすぐ取りに行く。
画面が大きくてテンションがあがる。
ただ、まだ変換のアダプタが必要で繋がるのを試してない。
早く繋げたい。

elevatormusicとギャーギャーズ

elevatormusicというレーベルをやってます。
加速するラブズ(現在活動休止中)と去年はBaconのミニ・アルバムをリリースしました。
幸せなことにどれも素晴らしいです。

そしてやっと今まで秘密で作業してた新しいプロジェクトを発表することが出来ました。

“ギャーギャーズ”というバンドをリリースします。
本当に嬉しいです。
問答無用でかっこいいです。


僕はレーベルに関しては基本的に自信がない。もちろんリリースするバンドには自信がある。けどそれを売る実力が自分には持ち合わせてないなぁと悔しい思いをする日々です。

こんなバンド出したいと思っても自分のレーベルから出すよりしっかりした大人やレーベルから出した方が良いと真っ先に思ってしまう。でもそれは間違いないんすけどね笑
バンドが1番良い結果になる選択をしないと。

ギャーギャーズが売れてないことにはずっともどかしい思いをしていた。
けど僕には何も出来ないしなぁと。

ある日ギャーギャーズの蛭田さんと話した時に「力が有り余ってる!」って言ってたのを聞いた時、それはもったいないと本当に思った。

マネージャーって程でもないけど、とりあえずアーティストが100の力を使える環境を提供しないとと思った。
逆に言うと100やって売れなかったら本人らも納得するだろうとも思う笑

でも結局そうなんかな。
例えば、あの時の蛭田さんが「こんなにやってるのに売れてない意味がわからへん」だったら僕はここまで踏み込んでいなかったと思う。

「こんなにやってるのに」と自分の努力を肯定してる人が成長するのは本当に難しいと思う。肯定したくなるのは間違いとは思ってないけど。
でも蛭田さんはそうじゃなくて「力を出し切ってない」と言っていた。

じゃあそれはサポートしなきゃと勝手に(ここ重要笑。僕が勝手に笑)思いました。
ギャーギャーズがどっかのレーベルじゃなく、自分のレーベルでやりたい。自分のレーベルでしかこの人らのコントロールは出来ないと勝手に思ったのはそんな理由です。


リリースしましょうって決定儀式的なミーティングが4月ぐらいにあって、そっから近所ってのもあってしょっちゅう会って、たくさん話して。
そこからギャーギャーズは曲作り。
僕は事務作業。
そしてアルバムが完成し、昨日やっと発表することが出来ました。

僕視点のいきさつはこんな感じです。
こんな理由があって、あんな理由があってってのはうだうだ書きましたが根幹は「ギャーギャーズかっこいいからやりたい!」ってとこなのはもちろんです。


ギャーギャーズは全部持ってると思います。
熱くなれる。
笑える。
泣ける。
踊れる。
こんな無敵なバンドはいないと思います。



是非皆さんチェックお願いします!!


発売は2018年10月3日(水)。
1500円6曲入り。

最高のミニ・アルバムです!レコーディングからワクワクが止まりませんでした。
ちなみにこれはあくまでエピソード1だと思って頂けたらです。これからが面白いです!

絶対に手に入れて欲しい名盤1枚。
よろしくお願いします!!


elevatormusic
江口

7月27日〜8月1日

7月27日
山口県はWILD BUNCH FEST.2018の裏方お仕事のお手伝い。前の職場の人に頼まれて行ってきた。それの前日の設営の準備。
朝、大阪からハイエースで出発して昼過ぎに到着。
インパクト使ったねじ作業は意外に難しく職人さんって凄いな思った。もうホンマに土方の仕事たくさんした。
台風が向かってるみたいで開催の暗雲が立ち込めてた。


7月28日
山口県2日目。
WILD BUNCH初日目。
ずっと楽屋スペースでドリンク作業で会場には行かず、ライブも観てない。知り合いの関係者の人らがチラホラいてご挨拶。緊張するなぁ。あとこういう目上の人ってトークテーマがわからない。業界の話はめっちゃ面白いし勉強なるけど、でもただ単純にこの人らも音楽好きなんやし1回どんな音楽が、曲が好きでみたいな話思いっきりしたいなぁ。

そんで翌日の開催中止が発表された。
今日片付けて帰ることに。
イベント終わって重いものめちゃくちゃ運んだ。1発で筋肉痛。ホテルに荷物だけ取ってきて帰る。出演者唯一の知り合い鮪に俺もワイルドバンチいてるで的なLINEやりとりしてて会うかな思ったけど、KANA-BOON2日目やったので会えず。自然災害、こればっかりは本当にしょうがない。
とにかくまた勉強になった2日間やった。


7月29日
台風に逆らいながら大阪へ。
僕はまったく往復運転してない。上司達がかっこよくがんばってくれた。
コンパスのバー出勤。
UK PROJECTのイベントでちょっと知り合いがチラホラ来た。
LOSTAGEやっぱかっこいい。


7月30日
東京でライブ。
ペヤングのGIGAMAX食べた。半分いかず残した。
横浜の厚木について銭湯に入った。
念願の銭湯。露天風呂に3回ぐらい行ったけど、自然に“分割入浴”って技をしてたみたい。壁に書いてた。
サウナは整いませんでした。疲れすぎてると入れないんすね。
その後東京到着してライブ。良いライブした。結構満足。


7月31日
朝東京から帰宅してドカーンと寝て、夜アルバイトへ。
不在票の荷物受け取るの失敗した。


8月1日
秘密の作業。
もうすぐお知らせできる。楽しみ。
夜はスタジオへ。ナードマグネット藤井くんとのスタジオ。後半はTHE BACK HORNの音楽をみんなで聴きながらこの種類のかっこいいことも先にやられてるなぁとも思った。

7月26日(木)

朝から働いて夜に、愛はズボーン、プププランド、THE BOSSS主催summerズボップくんのイベント、スピンオフ的なインストアイベントがタワーレコード難波であって、それのPAとして手伝ってきた。

PAなんか出来ないけど、カネシロ(愛はズボーン)に頼まれたのでやった。
良い勉強になった。
PAの卓がステージ横でお客さんの後ろ行って音聞いたりしまくりたかったけど、長時間イベントでお客さんが座りだったのであんまり動きまくるのは視界に入って目障りかと思い極力動く回数減らしてやった。奥深いな。

はじめましてのFM802の樋口くんは年下でとてもいい人やった。
タワーレコード難波店小川さんは毎度お世話になってます。色々話が早くてありがたい。

イベント終わってズボップメンバーはそのまま深夜のラジオ出演でそれまでボーリング行くらしく誘われたけどちょっと翌日から長いこと大阪離れるしやることあるわで僕は会場をあとにして先に帰った。

7月25日(水)

アルバイトへ電車通勤。

原付きで25分の場所も駅から遠い職場で家出てトータル1時間かかる。
でも久しぶりの電車通勤に少しワクワクしてる。目を瞑れると考え事がたくさんできる。

昼休憩、バイク屋から電話が。
直ったそう。

バイト終わり直行でバイク屋に。
エンジンかかって嬉しかったが、でもやっぱりかなり寿命でいつまで走るかねぇって感じでした。
今、バイク無くなるとキツい。
とりあえず買い替えを少し頭に入れよう。
中古で安いのなら3~5万で買えるらしい。
でもこないだカブを勧められてかなり魅力を感じている。あのダサさ嫌いじゃない。
そして何よりリッター60キロは燃費の化け物やと思う。
カブ欲しいなぁ。

そのバイク乗って秘密のミーティングへ。
どんどん話が進む。楽しみや。

21時にミーティングを終えてその後スタジオへ。
東京で叩いてくれるドラマーチモトくんとスタジオ。
東京では、こないだ出したシングルからブルーって曲をやりたいなと思ってる。それの練習。
また楽しみだ。



最近結構やること多くなって睡眠時間が少しだけ削れている。
けどおもしろいことが起こる。
早く色々言いたいなぁ。

7月23日〜7月24日

■7月23日(月)
朝から夜までバイトして、そのままスタジオにとあるバンドのマスター音源を取りに行く。
そしてそのまま北堀江にある業者にそのマスターをお届け。この業者が21時までだったので色々急いだ。

そのままアメ村で「しょんべんフェス」のミーティングに参加。出演者は揃ってきた。ここからイベント当日のお話。ボランティアスタッフの人数が課題に。

そのあとPangea寄ってタフガイ社長に色々報告。
ROKIのハヤトくんが別バンドで来てた。こないだの話で盛り上がる。
あとslimcatマサラもいた。マサラは本当に可愛い後輩。
社長とはご飯食べて帰った。この日も結構遅くなった。



■7月24日(火)
市役所へ原付きで。
小銭入れと免許証だけ持って行ってた。
これが負のスパイラルの引き金となる。

市役所で書類取って帰る。
原付きのキックが壊れてエンジンがかからない。
ネジが緩んでると思ってメットインの中を見たら8インチのレンチがあったが小さくてネジを締めれない。

近くのコーナンまで原付きを押していく。
太陽は絶好調。暑い。死ぬ。そして重い。
コーナン到着。
小銭入れに500円しか持ってなくて、お金もカードが無いからおろせない。

レンチのとこで
“10インチのレンチ”と“9と11インチセットのレンチ”があった。
どっちかだけ買える値段。

9と11のが可能性高いから購入。
原付きへ戻る。炎天下の駐輪場で修理開始。

9インチのレンチ試す。
、、、小さい。

11インチのレンチ試す。
、、、えっ、大きすぎる。。。


外すと思わなかった。

残金100円。


近くの知り合いに連絡。500円貸してくださいって。
そこまで借りに行く。歩く。
暑い。死ぬ。溶ける。

なんとか1000円借りてまたコーナンへ。

10インチのを購入。
炎天下の駐輪場で試す。

、、、ガッチガチや。


結局直せず。Googleマップで見つけた近くのバイク屋までまた原付きを押していく。
遠い。。。暑い。死ぬ。

結局1日預かりたい言われた。
しかも古すぎてもうこの原付き乗れるかわからん言われた。

ショック。肩を落としながら電車で帰る。
お金多めに借りててよかった。

明日取りにいくけど果たして大丈夫なのか。
カブとか欲しいなぁ。


そして教訓。
お金は余裕もって持っておく。
カテゴリー
  • ライブドアブログ